大神子

今朝も車のフロントガラスに雪が積もる、厳しい寒さでした。温暖化を疑う日々が続きます。 
ディーラーに寄った後、久々に大神子海岸に立ち寄ってみました。

旧R55、論田から小松島市街に向かう途中、運転免許センター側に左折した道の突き当たりです。

一面、真っ青に晴れ渡る空。
そして、左右は険しい断崖の合間に、しつられたようなコンパクトな美しい砂浜。

ああ、徳島が名目上でも南国でよかったなぁ、と思いました。

左の岸に向かうと、すでにそこは砂浜ではなく、積層下地層が褶曲し、はげしい岩肌を露出しています。砂浜とのコントラストが、鮮やか。

oomiko01.jpg

oomiko02.jpg

oomiko05.jpg

oomiko04.jpg

その上には、やはり平野とは全く植生の異なる植物の林があり。
その中は小鳥たちの楽園でした。

最近は鳥撮りをしていません。
その理由はいくつかあって
・一般的に見られる鳥は一通り撮影した
・野生の鳥を狙うのが醍醐味なのに、ネットであふれる野生達は人慣れしたものが多く矛盾している
・狙いやすい海鳥は、多くが拡大すると怖い顔

などですが。。
一番大きいのは、まったりと狙う時間がないことでしょうね。

ここでも。
カメラを狙わず。
じっと立ち止まって見上げていると。

数分するだけで、私を静止物と判断したのか、隠れた鳥が自由に動き出し。
そこらの実を咥えて枝で割っって食べたり。
可愛い生態が自由に見えて楽しめます。

久々に、鳥たちのかわいさの中で、幸せになった気分でした。

oomiko03.jpg

oomiko06.jpg
くろムル | 徳島-東平野沿岸部 | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) |

暮れる夕日と吉野川

向こうは(旧)吉野川橋

α77+16-50SSM

yoshinogawa01.jpg

yoshinogawa02.jpg 
くろムル | 徳島-東平野沿岸部 | 15:22 | comments(0) | trackbacks(0) |

阿波踊りの準備期間

「よしこの」のリズムが聞こえてくる。
気分が高揚する。

ああ、夏が来た。あの暑いお盆が来るのだと気づかせてくれる。
音の鳴る方へ歩くと、徳銀本社の最上階で、練習をしているようだ。

awa01.jpg

徳島は夏が似合う街。
そう思うのは、やはり阿波踊りの影響も含まれているのは、事実。

awa02.jpg 
くろムル | 徳島-東平野沿岸部 | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) |

勝浦川の鮎釣り

解禁で賑わってましたよw

NEX-5+18-55OSS AUTO (一部HDR AUTOによる撮影) 

katsuura01.jpg

katsuura02.jpg

katsuura04.jpg

katsuura03.jpg

katsuura05.jpg
くろムル | 徳島-東平野沿岸部 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) |

ちゃり~ん:和田島といえばいちめん その4

 この辺りのちょっと不思議ワールド。

「お留守ですか~」と問いたくなるお宅(笑)
なんてお読みするのでしょうか。

wadajima21

演歌と云えば、サブちゃんだよね♪ 似てませんが(^_^;)

wadajima22

立派だけどあまり使われて無さそうなお年寄りの社交場、ゲートボール場。

wadajima23

結構旧い家もある。

wadajima24

お城のようなお宅。

wadajima25

この辺りも田植え中。近くに大きな河川もないのに水は何所から引かれてくるのだろうか。
流れが緩いためか、堀はタニシ類が増殖中。
日本昔話のタニシ長者のお話を思い出した。

wadajima26

ここのお肉屋の謹製豚まんが美味しいのだが、残念ながらお店に並ぶのは14時以降だそうだ。

wadajima27
くろムル | 徳島-東平野沿岸部 | 01:27 | comments(0) | trackbacks(0) |

ちゃり~ん:和田島といえばいちめん その3

 釜で茹でられたちりめんは樹脂容器に移され、おばちゃんの手作業で工場前の空き地で棚に移され天日干しされる。

wadajima9

車もワックスかけられたまま窓も全開
おおらかな方々
車も天日干し中。。

wadajima16A

工場棟の裏には住宅街が広がる。
海際は砂地であるため風で砂が舞うのを押さえるためか布で覆われている。
水はけが良すぎ耕作には不利であるため釜揚げ産業は貴重な収益資源なのだろう。

wadajima17

帰りがけに、ここらでも少なくなった直産の売店に寄った。

wadajima18

お客もちらほら。
やっぱりちっちゃいタコ入りちりめんを買っておく。ちょっと高いけど。
この偶に入っているタコが当たりのようでガキの頃は嬉しかった。

wadajima19

タコずくしも酒のつまみに買っておこう。

wadajima20
くろムル | 徳島-東平野沿岸部 | 01:14 | comments(0) | trackbacks(0) |

ちゃり~ん:和田島といえばいちめん その2

 海自の敷地に隣接する道を進むと海縁に出る。突き出た平地の先からは、海を挟んで向こうには日の峰山と昔南海フェリーが通っていた小松島港が見える。

wadajima10

この辺りは釣りにも好適。

wadajima11

この海岸沿いにはスレート張りの小屋的建物が多くあり

wadajima12

先ほど漁港で見かけたような車が居た。
ここで、タンクに貯めたちりめんを再び払い出し、自動化された搬送システムで釜へ移し茹で上げられる。

wadajima13

室内は強力なブロアーで換気されており、辺りには強烈に茹でられたちりめんの美味しい香りが立ちこめる。これだけでご飯一杯いけそうな感じで(笑)

wadajima14

昔は釜を茹で上げるのは薪だったのかも。そんな想像をかき立てる煉瓦造りの煙突と今は使われてない建物。

wadajima15
くろムル | 徳島-東平野沿岸部 | 00:59 | comments(0) | trackbacks(0) |

ちゃり~ん:和田島といえばいちめん その1

 なるべく時系列的にウpしようと思うのだが、望遠鏡&鳥撮り機材とかGWネタとか、もう追っつかずに放棄~。って感じで(笑)
とりあえず今日ネタ。

「いえいえ、私は越後のちりめん問屋のご隠居で光右衛門と申す者」のちりめんではなくて、カタクチイワシの稚魚などのしらすの小魚を蒸して天日干しにした「ちりめん」の方でございます。
昔は「和田島のおばちゃん」という名前も知らないのに存在が固有名詞になった、行商のおばちゃんがここら辺まで売りに来ていたのが懐かしい。決して当時でも安い商品ではなかったけど、味は幼少の私にも判るぐらいで、よくたまごごはん(:卵がけご飯のローカル名称)にかけると最高に上手かったのを思い出す。
なにせ当時は向かいの家に養鶏場があり(今は欄のビニルハウスになっている)朝篭をもって買いに行ってたぐらいだったから、取れたての卵を割って、ウチで収穫してかまどで炊きあげたご飯にのせカルボナーラ状態に、鰹節かちりめんをかけて濃口醤油を振りかけるという、外食なら500円ぐらいは軽く取られるような食事を毎日してたのだから、思い起こせば実に贅沢な暮らしだったのだなぁ。。
という長い前振りは置いておいて、未だ名物とされる和田島のちりめんなのだ。

朝早く起きたから、NCで鳴門海峡までぐるっと行って。帰ってくる途中でコンビニによって。朝食とベストカーを買ってきて食い読みするも直ぐ終わる(笑)
GW前から仕事で車ばかり乗ってジムにも行って無く、これはどうもと思い、ちゃりでGo!
本屋はGW開けで珍しい本もなく直ぐに脱出して、北東の和田島方面に向かった。

ちなみにこりもせずDP2ヲカイマスタ。。

wadajima1

自転車なので幹線を極力避けて、車の殆ど走らない脇道を走行する。晴れ渡っていて気持ち良い上に、風がひんやりとして暑さを凌いでくれた。

wadajima2

DP1に較べると明らかに画角が狭く、ぼけやすい。

wadajima3

赤石方面からr218をしばらく走ると左手に哀れな警官人形の奥に和田島漁港が見えてくる。

wadajima4

運良く、ちりめん漁を終えた漁船が水揚げを行っていた。港にはポンプを備えた搬送施設があり、海水ごと小魚を吸い上げる。

wadajima5

FRP製のタンクに吸い上げた小魚をステンレス製のスロープを伝って放り込む。

wadajima6

何所へ運ぶかというと、次の記事で。

wadajima7

和田島というと海上自衛隊という人もいると思う。
長い滑走路こそ無いが、ヘリコプターを中心とした割と大きな基地が砂州の舳先部分に陣取っている。

wadajima8

基地のある町ということもあって、何処か辺りは沖縄っぽい香りがする。


くろムル | 徳島-東平野沿岸部 | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) |

文化の森

 徳島は結構公共施設、特にホールなどのハコモノの整備が遅れていて、コンサートなども(観客数が期待できないこともあるが)素通りが多い。が、県立図書館や公園などの総合文化施設である文化の森は、ちょっと外れに有るのがあれであるが、比較的県南に近く、外観もスマートで結構気に入っている。

bunka1

bunka5

bunka2

bunka3

bunka4

他都道府県民に薦めるほどでもないが、県民としては有り難い。

bunka6

bunka7

bunka8

これは先週の様子だが、いまではもう桜も終わっているのだろう。

bunka9

この施設の下には、徳島市内をぐるりととりかこむ環状線の南バイパスが整備中だ。
これが完成すれば、県南からもわざわざ徳島市内の渋滞を通らなくても鮎喰(あくい)から石井・鴨島から県西部に眉山の裏を通って容易に抜けられるようになる。

bunka11

bunka10
くろムル | 徳島-東平野沿岸部 | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) |

春の丈六寺

j1

j2

j3

j4

j5

j6

j7

j8

j9

j10

j11

j12

j13

j14

j15 
くろムル | 徳島-東平野沿岸部 | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/3PAGES | >> |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ソニー α900 完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK) (インプレスムック DCM MOOK)
ソニー α900 完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK) (インプレスムック DCM MOOK) (JUGEMレビュー »)
土屋 勝義,高橋 良輔,小山 壮二,太田 圭一,鹿野 貴司,吉田 浩章,ほか
取説ってめんどいよね。読まないよね(^^)
ただ、使いたい機能はあるはず。必要と感じたものから探せるから見易い解説本。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH