GAMIN fenix 3J

さっきの太り記事に絡んで

 

最近、パソ・スマホ系以外のグッズとして

気になっていたのが、スマートウォッチ。

 

スマホでは重すぎるし、ウェアラブルだけど、機能を取捨選択して搭載し

逆に詳細表示やデータベース化はスマホに任せると割り切る、

そういうのが逆に格好良い、のだと。

 

けどなー

舞に充電しなきゃバッテリ容量持たないって

スマホ面倒見るのもいやなのに

もう一つってか?

 

と今まで見送ってきましたが

「トレッキングの管理をする」

という新しい目標が出来たら

買っていいんじゃね?

 

ということで

選んだのが

 

GAMIN fenix 3J HR。

 

garmin07.jpg

 

選択のポイントは

・GPS搭載。

・スマホと連携。iOS用アプリ有り。

・常に装着することを考えて、ビジネスシーンに着けていっても違和感ないルックス。

 

SEIKOは安いけど、液晶表示が貧弱。

SUUNT(スント)とカシオで迷いましたが

カシオはGPS非搭載。ブルートゥースでスマホのGPS情報をリアルタイムで受信できますが、スマホの電池が上がるとログも出来ませんので、アウト(今年のCESでGPS搭載の新型機が登場!)。

SUNNTとGARMINは良い勝負でしたが

時計本体で心拍がはかれるのは、fenixのHRだけだったのでこれに決定。

SUNNTは液晶もモノクロだけで、質実剛健なイメージです。

 

garmin03.jpg

 

GARMINの弱みは母国で日本語化された製品が無く

(よって型式も「3」ではなく「3J」)

いいよねっとで日本語化されており、本国製品より1〜2万円も高いこと。

なので、コスパならスント、かな。

 

garmin04.jpg

 

ラバーのベルトしか無いのは残念でしたが

心拍測定用のセンサーを腕に密着させる必要があるので、金属ベルトや革だとそこらが厳しいかな。

 

garmin06.jpg

 

おかげで、11月購入して

歩きログを溜めだすと

ゲーム感覚で面白く

 

G05.jpg

 

G06.jpg

 

G07.jpg

 

G02.jpg

 

G09.jpg

 

G08.jpg

 

1月過ぎで延べ80万歩を記録しました。

同時に食事の調整も行った結果

体重は-2kg減に過ぎませんが

明らかにお腹の贅肉が減りました。まだ残っては居ます。一度全部取りたいなぁ。

 

体重を減らすだけでは飽きてきますが

やはり本当の楽しさはトレッキング自体にあります。

あとこち出張に出かけた先の早朝に歩くなどすると、新鮮です。

 

坂道を見つけては

登ったりしていましたが

そのうち、筋肉が付いて負荷量が相対的に下がると

本格的な斜面を登りたくなり

ちょっとした登山などもやりました。

 

k01.jpg

 

K02.jpg

 

K03.jpg

 

K04.jpg

 

最初の1ヶ月は腹の贅肉があまり減らず、1.5ヶ月から急に減ってきました。

多分、準備の期間が必要なのと、内臓脂肪から減っていくのでしょうね。

見えてない部分の贅肉、恐ろしいです。

 

まあ、昨年一年間で最も購入評価の高かったアイテムです。

fenixの詳細は、また記事にしましょう。

 

 

くろムル | ウェアラブル | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/1PAGES | |

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ソニー α900 完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK) (インプレスムック DCM MOOK)
ソニー α900 完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK) (インプレスムック DCM MOOK) (JUGEMレビュー »)
土屋 勝義,高橋 良輔,小山 壮二,太田 圭一,鹿野 貴司,吉田 浩章,ほか
取説ってめんどいよね。読まないよね(^^)
ただ、使いたい機能はあるはず。必要と感じたものから探せるから見易い解説本。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH