夕闇富士

岐阜ベースになって、東海道新幹線に乗る機会が増えました。

新幹線は良いですね。

ビールも飲めるし、飛行機の様にせきたれられない。

唯一の欠点が、車窓の変化のなさ、ではあるので

やっぱり、天気が良いと富士山に救われます。

 

 

特に、冬の雪が増えた姿は、萌えますね。

 

むかし、静岡県(いまの島田市)に4年も住んでたことがあるのですけど、滅多に富士山は見えなかったですね。

ほら、地元の観光名所って行かないでしょ。いつでも行けるところこそ行かないものです。

登りたいとも思っていませんでした。

友達が富士に登ったという話を聞かせてくれても「へー」っていうものの、完全にお愛想(笑)

 

そういえば、昨日、銚子で一緒になった静岡出身のT氏が

「富士山って静岡のもの、ってイメージがあると思うんですけど、私は浜松なんで、基本富士山は見えないんですよ。それを言うとへーって言われます」

そーっすよね。まだ西に浜名湖があるんだもの、静岡ってなんぼ広いのって話ですよね。

 

それに、結構富士山って、晴れてても富士の周りだけ曇って見えないということがままあります。

いつも見えるわけじゃ無い、ってのも富士の魅力の一つだと思うのですよね。

 

 

 

くろムル | 遠くにお出かけ | 03:30 | comments(0) | trackbacks(0) |

富士

最近は岐阜の借宿をベースにしておりまして。

土日は現場も休止でお休みとなって、近くの山でも登ろうかと思ったのですけど

この寒さでどか雪が降り、軽アイゼンでも厳しいと辛いなと思い

東へ

 

他の方のブログで見た薩た峠の富士がキレイだったので、自分もチャレンジ。

最寄りの駐車場から勇んで歩いたのですけど、あっという間に到着して拍子抜け。

ここは峠の西側から撮影。

 

fuji20.jpg

 

季節が1/4進んで、もう春でしょ、って気温でした。厚着だと汗だらけになります。

水仙、梅、椿が同時に咲いていました。

 

fuji19.jpg

 

satta.jpg

 

fuji18.jpg

 

微妙に東名高速のレイアウトが異なるこっちは、東寄りの木製展望台が有るところから撮影。

 

fuji17.jpg

 

あまりに直ぐ付いたので、もてあまして由比駅方面から浜石岳方面に歩きました。

向こうに伊豆半島が見え、のどかです。

 

fuji16.jpg

 

海岸線に平行に、県道が何本かは知っていて、途中から浜石岳方面に向かう林道に抜けます。

その手前で撮影。

 

fuji15.jpg

 

林道はかなりアップダウンが激しく、いい運動になります。

こんな厳しい斜面なのにハシリ下るトレイルランナーに出くわしました。

もってるものが違うなー

と上には上が要る、鍛えてどうなるレベルでは無いと自覚し、自分なりの目標でやるのが大事だと思い直しました。

 

chikurin02.jpg

 

とても良い感じの林道でしたが、展望が開けるわけでも無く

このまま浜石岳を往復してしまうともう1箇所の目標に到達する前にタイムアップしてしまうので

途中で舗装された西斜面にくだる林道へ分岐しました。

冬なのにもの凄く竹が青々しくって、つい足を止めました。

風に揺られて壮大でした。

 

chikurin01.jpg

 

季候が良いのか、美しい竹林でした。

 

fuji14.jpg

 

ここで3時間ほど消費し、少し道を戻って清水ICから東名を東に。

富士川SAで大きく見える富士を撮影。

御殿場ICで降りて、R138(俗称、乙女道路)を東にすすみ、駐車場に車を駐めて

金時山登山口から登り始めます。時間は15時前。

こりゃ、逆光だと遅くなったのを少し後悔しながら登ります。

ネット記事だと楽勝感が有ったのに、中腹から進むにつれて斜度が厳しくなり

最後は雪が寒さでテカりだして滑り、大いに苦戦。

なんとか日の入り前に到着。

やっぱり逆光(笑)

 

fuji13.jpg

 

箱根方面。

 

fuji12.jpg

 

fuji11.jpg

 

下山、もう日が暮れ始めました。

 

fuji09.jpg

 

夕日が山の斜面に当たり、キレイです。

 

fuji08.jpg

 

箱根湯本で一泊し、翌朝日の出前にr401の峠トンネル西出口に向かい

日の出付近の富士山をぱちり。

 

fuji07.jpg

 

自分以外に走行車両は居らず、芦ノ湖もゆっくり眺めることが出来ました。

 

fuji06.jpg

 

トンネルから軽く林道を上りましたが、なかなか厳しい感じで展望も開けてませんでした。

 

fuji05.jpg

 

fuji04.jpg

 

乙女道路に移動してぱちり。

ナンバーを見て珍しいのか地元の方に声をかけられましたが

地元でもこういった澄み切った空気の富士は珍しいらしいです。

 

fuji03.jpg

 

宿に戻り、関東で用事を済まして、帰ってきました。ターンパイクを十数宇年ぶりに走り、展望台から。

噴火で中止していたロープウェイも再開した駅が、くっきりと遠望できました。

 

fuji02.jpg

 

風が強くなり、富士にも雲が。

 

fuji01.jpg

 

 

くろムル | 遠くにお出かけ | 23:01 | comments(3) | trackbacks(0) |

泉涌寺、東福寺など

11月終盤の写真、早朝の東福寺を散策した写真です。

東福寺は休日の来訪は人混みが恐ろしいので避けていたら、もう終わっていて残念でしたね。

 

α99供24-70ZA

 

今熊野観音寺

 

imakumanokannnonnji01.jpg

 

泉涌寺

sennyuuji01.jpg

 

sennyuuji02.jpg

 

善能寺

zennnyouji01.jpg

 

東福寺

toufukuji07.jpg

 

等倍切り出し

toufukuji07S.jpg

 

toufukuji06.jpg

 

toufukuji05.jpg

 

 

 

toufukuji04.jpg

 

等倍切り出し

toufukuji04S.jpg

 

toufukuji03.jpg

 

toufukuji02.jpg

 

toufukuji01.jpg

くろムル | 遠くにお出かけ | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0) |

新穂高

近年は暑い日が長めに続き、ぱっと寒くなって秋が短い印象ですね。

この間の出張では雪も降って、気分はもう冬ですが、京都では今紅葉の見頃です。

今頃になってですが、今年は数カ所しか行けませんでしたが、新穂高ロープウェイの紅葉を楽しんだので、その写真をアップしましょう。

 

shinhodaka.jpg

 

shinhodaka02.jpg

 

shinhodaka03.jpg

 

shinhodaka04.jpg

 

shinhodaka05.jpg

 

shinhodaka06.jpg

 

shinhodaka07.jpg

 

shinhodaka08.jpg

くろムル | 遠くにお出かけ | 06:36 | comments(0) | trackbacks(0) |

三光コスモス祭り

北九州自動車道を通っていたら、突然に開けたコスモス畑を発見。

行ってみると一面に見事に咲いていました。

ここは毎年種を蒔いて、お祭りを開催しているようです。

 

cosmos01.jpg

 

cosmos02.jpg

 

SONY α7R供椒侫クトレンダー ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical III MF

 

 

 

くろムル | 遠くにお出かけ | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) |

柳川・吉野ヶ里遺跡

1年にわたる大分への長期出張中である同僚のH氏の元へは、定期的に業務連絡伺いもあり、月1〜2月毎ぐらいに顔出ししています。今回は地震で気になる熊本へ、という話になりかけたのですけど、天候も南が不順と云う事で、柳川にウナギを食いに、そして散策して帰るというプランで出発し、結果的に吉野ヶ里遺跡に寄ってきました。

 

雨混じり模様の予報でしたが、幸いに開店前に柳川に着いたら少しだけ晴れてくれました。

 

yanagawa01.jpg

 

水路が倉敷っぽい、あるいは佐原っぽい感じですが、もっとさっぱりとして広々して、違う雰囲気を感じます。

 

yanagawa02.jpg

 

ウナギは名物らしく30店以上林立していますが、今顔はここ。

 

yanagawa03.jpg

 

開店前から焼きだして、良い香りです。ここはせいろが主流なので、まず焼くところから、になります。

 

yanagawa04.jpg

 

yanagawa05.jpg

 

順番待ち1番で、奥に広々とした店内に、案内と共に突入。

 

yanagawa06.jpg

 

yanagawa07.jpg

 

う巻きが先に出てきました。美味し。

 

yanagawa08.jpg

 

入れ物も凝ってます。

美味かったです。

 

この後、北原白秋記念館を散策し、有明海を望み、その後に吉野ヶ里遺跡へ。

 

yoshinogari05.jpg

 

なんだか、創造してたのと全然違って、巨大なテーマパークのよう。

 

yoshinogari06.jpg

 

工業団地に件が買い取った丘陵地を造成したら遺跡が出てきたそうで

丘全てが遺跡という広大な遺稿で、一部は予算で全て発掘できず公園化しています。

移動も暑い時期では、歩きで行くと倒れそうになります。

幸い無料循環バスがあります。

 

yoshinogari01.jpg

 

本当に太古に、こんな立派な建築物があったのか、と疑うようなものが再現。

 

yoshinogari02.jpg

 

yoshinogari03.jpg

 

yoshinogari04.jpg

 

まつりごとに使われた、という再現内部も、なかなかおどろおどろしくて見応え有りです。

 

yoshinogari08.jpg

 

yoshinogari07.jpg

 

yoshinogari09.jpg

 

一度来たいと思っていましたが、来て正解でしたね。

記憶に残りました。

 

 

 

 

くろムル | 遠くにお出かけ | 08:03 | comments(0) | trackbacks(0) |

雪の宿

昨年はまれに見る暖冬で、本当に冬に成ったのかと思うほどでしたが
今年1月下旬から例年並みの寒さがやってきました。
スキーファンには待望のシーズンと成ったようですが、地球温暖化してるんだったら
夏が暑いのは判るけど、冬も暖かくなってほしいな。恩恵として。

さて、そんなわけで信州も雪景色。

snow01.jpg

確かに、雪一面の景色は神秘さがあって美しいですね。
格闘して生活している人には申し訳ないですが。
通りすがりなもので。

snow03.jpg

スタッドレスに換装した甲斐が有ります。

snow02.jpg

snow05.jpg

日が傾いてきました。撮影心が増して、ちょっと休憩。

yama01.jpg

その停めらせてもらった駐車場の、持ち主の食事処で、アイスを頂きました。
とても甘かったですが、なめらかでおいしかったです。値段も張りましたが。



shop02.jpg

shop01.jpg

もう日が落ちました。

yama03.jpg

yama04.jpg

さて、宿に着きました。
落ち着いた、思い描いた通りの宿でした。



サービスに出てきたスパークリングワインが、なんともいえず深い味わいで。
「何なんだろう?」
と思って、おねえさんに後で頼めるかどうか訊いたとこと
「ございますよ」
という返事だったのですけど、そば焼酎を勧められました。
(結局、味見して旨かった日本酒にしましたが(笑) )



なんでだろう?
と思ってメニュー見ると、そのボトル1本、なんと8,500円!?

そりゃ旨いはずだ、でも手は出ませんでした。
まあ、酒なんて飲み過ぎたら旨いもなにも無いですからね。
ワンショット850円なら有りでしたでしょうけど、スパークリングですから。



晩飯も美味しかったですよ。
格段印象に残るといったものはなかったし、蕎麦を追加する感じで女性ターゲットなかんじでしたが
上品で雰囲気にマッチしていました。



朝は雪がちらつき、雪見風呂となったのも良かったです。

onsen01.jpg

onsen02.jpg

onsen03.jpg

onsen04.jpg






 
くろムル | 遠くにお出かけ | 05:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

神戸ルミナリエ 2015

見るのに時間が掛かるのは覚悟の上でしたが、実際その通りでした。
​ですが、明石の花火大会事故で警察もたたかれて学習しているのか、太い動線と大規模な交通規制、大量動員で制御し、長いながらも流れは良好で、あまり待ちストレスはありませんでした。
5km歩いて300mを見る、といった感じでしたが、見応えは十分にありました。
オープンなレジャーランドのアトラクション、と考えると判りやすいかも。
いやー、一度見たかったんですよね。
 
ruminarie01.jpg
 
ruminarie02.jpg
 
ruminarie03.jpg
 
ruminarie08.jpg
 
ruminarie04.jpg
 
ruminarie05.jpg
 
ruminarie10.jpg
 
ruminarie09.jpg
 
ruminarie06.jpg
 
ruminarie11.jpg
くろムル | 遠くにお出かけ | 13:38 | comments(0) | trackbacks(0) |

高千穂峡


takachihokyou01.jpg


takachihokyou02.jpg

takachihokyou03.jpg

takachihokyou04.jpg

takachihokyou05.jpg

takachihokyou06.jpg

takachihokyou07.jpg

takachihokyou08.jpg

takachihokyou09.jpg

takachihokyou10.jpg

 
くろムル | 遠くにお出かけ | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) |

豪渓、奥津峡、蒜山


goukei01.jpg

goukei02.jpg

okutsu01.jpg

okutsu02.jpg

okutsu03.jpg

okutsu04.jpg

okutsu05.jpg

okutsu06.jpg

okutsu07.jpg

okutsu08.jpg

okutsu09.jpg

okutsu10.jpg

okutsu11.jpg
くろムル | 遠くにお出かけ | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/72PAGES | >> |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ソニー α900 完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK) (インプレスムック DCM MOOK)
ソニー α900 完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK) (インプレスムック DCM MOOK) (JUGEMレビュー »)
土屋 勝義,高橋 良輔,小山 壮二,太田 圭一,鹿野 貴司,吉田 浩章,ほか
取説ってめんどいよね。読まないよね(^^)
ただ、使いたい機能はあるはず。必要と感じたものから探せるから見易い解説本。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH