Lenovo YOGA 910を購入した

DELLのXPS13が非常に纏まりが良く、大変気に入っていたのですけど、なぜだか頻繁にアップデートされる割に安定性が悪く、業を煮やして再びYOGAを購入して、すぐに届きました。

 

あと、XPS13は日本で買える仕様は、SDDが最大で256GBまでですが、YOGA910は通販なら512GB仕様が選択出来ます。

この仕様ならディスプレイは4Kになります。実質的に4Kを100%で使用するのは文字が小さすぎて250%に設定することになり、きめ細かいけど、情報量はHDと変わらないと云う事で多大なメリットはありませんが、迷うほど割高でもありません。

オフィスなどは365でいいので、オフィス有りのXPS13よりSSD容量が倍でディスプレイもやや大きく、他の仕様は似たり寄ったりですが、クーポンを使用すると5万円ほどYOGAの方が安く買えます。

SSDは256GBもあれば十分、グラウド使うし、という方も多いと思いますが。

リカバリのためシステムのC:と、データ領域のD:とパーテーションは分けたいし

いまだ地方の仕事に行くとネットにつながらない場所に現場があったりするので、クラウド頼みでは厳しい場合があるからです。

 

輸送用のダンボールの箱は「これ?」ってくらい小さく

開けるとタブレットライクなしゃれた箱が入っていました。

 

yoga910-01.jpg

 

蓋を開けると、オレンジの鮮やかな箱が。

LenovoでもX1シリーズの質実剛健なイメージと違いますね。

 

yoga910-02.jpg

 

内容物はミニマム。本体以外は、ACアダプタと、ぺらっぺらの取り説のみ。

 

yoga910-03.jpg

 

ACアダプタは、やや厚みが有り、充電歯が折りたためないタイプですが、45W相応のコンパクトなもので

重量も軽めです。

 

yoga910-04.jpg

 

ゴールドのXPSと、やはりゴールドのYOGA、色目が非常に似ていますね。

両方狭額なので大きさはディスプレイの大きさの違いとなって現れています。

大きい13.9インチのYOGAでも、既存の13.3インチのPC本体並みの大きさです。

 

XPSもYOGAも、しっかりしたアルミボディで、見た目より重めです。

持ち運び重視なら、NECとか東芝とかLGとか、他の選択肢はありそう。

でも、移動はPCだけじゃ無いので、数百グラム軽くなっても、私的にはあまり意味は無いかも。

それより、長時間閲覧&タイピングするので、画面やタッチタイプが犠牲になるのが辛いですね。

 

yoga910-05.jpg

 

LENOVOも起動画面がカラーになりました。ちょいと違和感有り(笑)

ディスプレイの縁はともに薄いのですけど、YOGAの方が液晶表示部の下端の余白が長く、より大きく感じます。

13.3より13.9って一回りぐらい大きくて見やすい。。

と購入前には思っていたのですけど、さほど変わらず(笑)

老眼にはどっちにしても長時間は外部ディスプレイに頼りたくなりますね。

でも15.6インチはさすがに持ち運びには。。

 

yoga910-06.jpg

 

液晶表示はどっちもきれいですけど、

色目は結構差が有ります。

写真じゃわかりにくいですが。。

 

というか、LENOVOってどの機種も、白が真っ白では無く暖色ですよね。

あえて目に優しいと思ってチューニングしているのでしょうけど

画像を処理するときは、XPSの方が白が白と表示しているので向いてますね。

YOGAの液晶は動画の表示がとても美しいです。

明るさは100%でXPSの方がかなり明るいです。

でもYOGAで照度が不足してる、ということは無いです。

 

yoga910-07.jpg

 

複雑なYOGAのつなぎ目。この技術者拘りだけど無駄な感じ、キライでは無いです。

 

yoga910-08.jpg

 

yoga910-09.jpg

 

YOGA3ProやYOGA900と違って、キーボード面もアルミ金属になりました。

XPSはカーボン的素材ですので

冬のひやっと感や、使用時の熱さがどうかと懸念でしたが

使用するとほどよい温度で問題は無いです。

ハードなゲームをすると、どうでしょうか。

 

yoga910-10.jpg

 

LENOVOって、キーボードを結構冒険しますよねぇ。

成功ばかりでもなく。。

初代新しいX1 Carbonの替わる静電式ファンクションキーなんか使いにくいだけでしたし(笑)

キーボードもストロークはあるけど、ブカブカして感触がいいわけでは無かったです。

ThinkPadの流れも途絶えたか、、とがっかりしました。

 

YOGA910になって、だいぶまともになりました。配列が。

YOGA3Proでは、ストロークが極小で、長時間打ち続けると疲れましたが、

YOGA910でもストロークは替わってなさそうで、相変わらず短いです。ただ、感触は若干改善されたような。

 

キーボードだけでいえば、XPSの圧勝ですね。

ワイヤレス接続のフルキーボードがXPSなら無くても問題無いぐらい良いです。

ここだけ、X1 YOGAと迷ったのですけど。。

 

yoga910-11.jpg

 

YOGA910になって、ポートが今時の仕様に。

HDMIは無く

USBのTypeC×2とTypeB×1のみ。

TypeCはコネクタが上下で挿せて便利ですが、もう1ポートほしかったですね。

1つは電源用に埋まるし、外部映像出力すると残りも埋まってしまいます。

 

 

HUBや変換器は必需品ですが、コストや可搬性でデメリットも大きいですからね。

 

 

 

YOGAといったら、ヨガスタイル。

でも、こんな使い方しないんですけどね。

 

yoga910-16.jpg

 

もっぱら便利なのは、外部ディスプレイを使うとき。

PC内蔵のキーボード的に使えて、邪魔にならずに便利です。

ここはXPSより大きな優位性ですね。

 

yoga910-15.jpg

くろムル | PC携帯など | 04:36 | comments(0) | trackbacks(0) |

NAS増強

8TBの既設NASも容量が満杯に近づき。。

って、どんだけデジタル写真撮影して、無選別で保管してんねん。。

て話なんですが。

 

まあ、HDDっていつお亡くなりになるか分からない保証の無い不良商品みたいなものですけど

今は円盤の容量が追いつかないしSSDはまだまだ高いので

HDDに頼らざるを得ません。

新企画のblu-ray後継の話も進んでいませんしね。。

 

で一昨年に買ってあったNASを昨年設置し、起動しました。

 

NAS01.jpg

 

4TBではあっという間なんですけどね。。

つか、寿命を迎えた頃にHDDのドライブ自体が売ってないって、どうにかなりませんかね。

正規品はバルクの5倍ぐらいする無茶な価格設定ですし。

まあ仕事を仕事をリタイアしたら、暇になるから写真も選別して、残りはオサラバするのが正解でしょうね。

新しい事務所にNASを設置したので、こいつのUPSも新設しました。

 

UPS01.jpg

くろムル | PC携帯など | 07:36 | comments(0) | trackbacks(0) |

UPS増強

デスクトップPCのGPUを載せ替えよう、としたらUPSが音を上げた(過電流の警報音が鳴り響いた)、という話をしましたが、その後にすぐさま、UPSを大容量のものに置き変えることに。

今は、バッテリーが消耗品であることもあり、量販家電店で在庫があるオムロン製にしていましたが

コンシューマでなく商用クラスになると、一気に値段が上がり店頭在庫もありません。

おまけにPCとのリンクも不親切、、となると

やっぱりAPCへ。

 

UPS-20.jpg

 

もうこのクラスになれば、大きさも値段もそう変わらないので、Smart-UPS 1500、1500VA(980W)を選定。

大きさは想定内でしたが、重量が26kgと大型アンプ並みの重量!

ひーひー言いながら二階に上げました。

 

UPS-21.jpg

 

これなら、現行システムで高負荷のデモを行っても、余裕のよっちゃん。

これで換装できる。。

まだかまけてしてません(笑)

 

 

 

くろムル | PC携帯など | 07:28 | comments(0) | trackbacks(0) |

GeForce GTX 1070 のグラボを買う その1

長いこと何の大きな問題も無く使い続けている本社メインPCなんですが

ちょっと強化させてあげても良いかな、

ってか、ネットでGTX1080見て、こりゃ久々に画期的かも

って思って、

でも高いな(笑)

となって

 

PCド定番の上から一個落ちがお得というわけで

1070に逝ってみることに。

 

1070-01.jpg

 

すぐに物色しても高値だしなー

と思って、スルーしてたら忘れてw

 

はっと気がついて

お店に寄ると、結構経った割に品薄。

こりゃ梅田じゃ無理、と思って

久方ぶり(1年以上?)ぽん橋までいって買ってきました。

 

で、まだ装着していませんw

忙しいのも有るのですけど。。

別の理由も。

くろムル | PC携帯など | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) |

Windows10に思う その2

今も変わらず、デジタル化されたビジネスデータを作成、保存、送受信することが出来る装置というのは、見易いサイズのディスプレィと使い易いキーボードを備えた今の携帯のPCであることに間違いはありません。
またプレゼンや可搬性を考えると、2in1や新しい形態のPCが現れていることにも納得できます。

しかしながら、ビジネスでPCを使用しなければ成らないのは当然業務上の話。
プライベートでインターネットを使用(SNSを見たり書き込んだり、写真を撮ってアップしたり、ネットサーフィンしたり、簡単なメールを送受信する)するのはPCが最も優れているとは言えません。

第一高すぎます。
データを自由に送受信できる通信代を別にすれば、スマホやタブレットは数万円で入手が可能です。家庭内ならWi-Fiが完備されていれば単体の通信機能の有無さえどうでも良い機能です。

またPCは腐ります。物理的では無くソフトウェア的に。3年も経てば「あー再起動しなければ安定しないな」なんて経験がおありでは。ハードディスクだっていつかは壊れます。
先で買い換えるのが判っている商品が毎度毎度10万円をこえるって、結構な負担です。

そして、いまデジカメがその領域に差し掛かっているように。
(処理)能力の進化が、一般の人が必要とすする十分な性能に追いついてしまいました。
逆に言うと、PCメーカーやソフトウェアハウスは、予測されたPCの性能向上に見合う、付加価値の高いソフトウェア製品の開発とひらめきを怠ってきたとも言えます。

WIndows3.1を使用し、DOSと縁が切れていなかった頃。
やがてコンピューターを使えば、選ぶのに困るほどのソフトウェアに溢れ、いろんな事が楽しめ創造できる。。
そんな夢を見ていましたが、現実はそのプラットフォームはOS上のアプリケーションではなく、ブラウザになってしまいました。

XPがVistaや7になって。8になって8.1になって。
MS Officeが2000から2002になって。やがて2013になって、365になって。

でも使っている機能は同じじゃ無いですか?新しい機能で生産性が画期的に上がりましたか?
むしろ、画面デザインが変わって(リボンが使い易いとは思えませんでしたね)、ファイル形式が新しくふえて、むしろ新しい習熟を都度重ねなければならないし、面倒なだけ。
互換性やサポート切れのため仕方なく、あるいはPCに付いてきたから覚えなきゃ、ってことが。

ソフトが新しくなる、ということは、ユーザーに「丸ごとお金を出して買え」ということでした。
そのために、作り手は「新しいんだぞ」ということ、その価値はあるんだぞを示さなくては成らなかったと言えます。

EXCELだって、未だにWYSWYGでは無い。
画面上のセルに文字が収まっているように見えて、印刷すると一部消えている。
今の時代からするとバグとしか言えない仕様はこの先改善されるようには思えず、むしろ操作性が向上する(と向こうは思っているらしい)ための変更を繰り返しています。

そのためにコストを払い続けるのか。

その結果として、年ごとのPC出荷台数は減り始めました。すでにIntelのサーバーを除くPC用プロセッサの出荷がマイナス成長へと数年前から転じています。

またそういったコストを払い続けられる国以外の発展途上国で、いま個人コンピューティングが大きく伸びています。
彼らにとっては(生計上の理由を除けば)PCは必要無く、スマホで十分な訳です。

こういった状況から、台数ベースではスマホはPCをあっという間に抜き去り、タブレットがPCを追い抜くのも時間の問題だと云われています。

今や、インターネットの窓口として、PCで90%以上のシェアを持つWindowsさえ、総数の中ではマイナーになりつつあるのです。それを実現しているのはAndroidやモバイル向けiOSといった新しいOSなのです。

会社を立ち上げた重鎮が退職する時代になって、巨大なソフトウェアハウスであるマイクロソフト社も、ようやくビジネスモデルを変更する覚悟をWindows10で見せたような気がします。

PC自体は無くならない。
いや、私だってPCが生み出す付加価値、そこに行かなくたって商品を作成しメールで送信納品し、相応の売り上げと利益を確保出来ることを考えれば今のPCだって十分安いとも言えます。

ただ、コンピューティングの意味合い自体が時代の流れと共にPCを追い越そうとしています。

これからのPCがどうなるのか、見守っていきたいと思います。
くろムル | PC携帯など | 08:53 | comments(0) | trackbacks(0) |

Windows10に思う その1

やっとマイクロソフト社もここにきて方針を大きく変換してきたな、と実感できます。
まずは
・Windows10リリースからはWIndows7など以前のWindows OSから1年間は無料アップデート
・Windows10以降はiOSのようにアップデートでメインの機能アップを図る
・モバイル向けタイル画面とデスクトップ画面のバランスを取り直す
という点。

これまでマイクロソフト社はPC用OSとして、長い間Windowsが寡占状態にあり、このため価格競争に巻き込まれずソフトウェアを大量にコントロールされた価格で販売することで、莫大な開発費と経営陣の膨大な収入を支えてきました。
以前は物理的にフロッピーディスクやCDを伴って販売されていましたが、最近ではこのOSで稼働するアプリケーションは英数入りの番号書いた紙切れ1枚を数万円で販売し、ネットでユーザー側に通信費と手間をかけてダウンロードしてインストールしてくれ、といった形態になっています。
バリデートされた商品となるプログラムを全世界に繋がるサーバーにアップデートし、ダウンロード販売できる仕組みをつくっておくだけなのですから、貸す分上乗せする銀行のように、儲からない方がおかしい、といったシステムができあがっていたわけです。

ところが転機が訪れます。
ネット速度や環境が充実してきた頃から、ソフトウェア自体は”タダ”で販売し、広告料や投資(その会社が儲けることで利潤を得る)を収入源とするビジネスモデルをとる会社が出現してきたことです。
古くはインターネットの窓口であるブラウザとしてのオペラやFirefoxの登場です。一時はIEのシェアを大きく食いました。

TwitterやFACEBOOKを始めると判るのですけど、ユーザー側からすると、本来のメリットである、情報をタダで提供するとこによって得られるベネフィットを得ようとすると、実に使いにくい。特にスマホ用のアプリで。何故かなぁと考えると、提供する会社は、すでに多くのユーザーや広告提供先からの収入や投資によって十分収益を獲得しており、アプリケーションを改善する必要が無いから、です。そういったプラットフォームでも十分商売ができるようになっているのです。

またOS本来の意味合いであるプラットフォームを生かし、その上で稼働するアプリケーションの販売をコントロールすることで収益を得ることが出来ます。

さらに、大きな出来事は、携帯電話の進歩やタブレットの登場です。
インターネットの進化は、固定されたPC上にスタンドアローンでアプリケーションを稼働して作業を行う、という古来の携帯から、回線を通じて、情報を得る・会話する・データの送受信を行うなど、コミュニケーションツールとして大きな機能向上と形態の変化をもたらしました。
さらに携帯電話は電話をかけかり受けたりするだけのツールから、カラー液晶画面を備え、ブラウザやメーラでPCの代替えとして十二分の機能を持つまでに進化しました。携帯電話では画面が小さいので、PCとの隙間を埋めるように、いろんな画面サイズの多様なタブレットが登場しました。タブレットは通信機能も内蔵するものが現れ、もはや携帯電話との境目が怪しくなるほどです。

そして大きかったのは、これら携帯電話から進化したスマホや、タブレットが既存のPCに較べ格段に安かった、ということです。これはどういうことかというと、販売台数の伸び率がPCの比では無く、すでに地上のシェアからするとPCは少数派になりつつある、と云うことです。

昔はPCは特殊な物でした。
高価だし、操作も習熟しないと扱えない。
タイプライターや汎用計測装置の代替えといった明確な目的が無いとそうそう購入できないものでした。

しかしPCは規格化しOSも事実用Windowsとなり、業務でPCを使用する人の家庭用、またはPCを使用した作業を行いたい(ゲームや残業)と思う人にも手が届く商品となりました。

そこから一気に家庭に普及します。

ただ、工業製品の法則に沿って、数が増えればその分価格も低下、という法則に乗りませんでした。
相変わらず十数万円から凝った仕様で二十数万円の時代が長く続いてきました。

これは、相変わらずPCが特殊で他に替えられない、仕事のためのプロセッサであること・インターネットの窓口であったこと、またCPUは半導体でムーアの法則に沿って一定の割合で処理速度が向上し、一定のサイクルで性能=処理速度が向上した新製品を出すことで付加価値を上げ、その価格でも必要な人は買い求めてきたからです。

 
くろムル | PC携帯など | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) |

VAIOがSONYで無くなる日(在りし日のVAIO追悼)

いやまぁ
経営上の判断としては仕方がないのでしょうね。

ソニーがVAIO事業を売却する理由。変化したPC事業の位置づけ

背景として、以前ほどPCにステータスを感じなくなったこと
(希少性の現象、web閲覧やSNSはスマホやタブレットに移行、録画系は専用機に、結果としてビジネスマシンに逆戻り)
凝った軽量薄型もスマホやタブレットとは勝負にならず高い価格に付加価値を感じなくなったこと
デスクトップは薄く場所を取らないディスプレイ一体型でも性能に不満が無くなったこと
モデルチェンジもCPU/GPUなど定量的進化で優越性、サプライズを感じなくなったこと

などなど。。

デジカメも趣味性を失い、定期的前進で価格勝負になるととこうなっちゃうかもよ、という警告でもあります。 

ネタは海外初

日本で大改良

いよいよ収穫期か?

根幹部品が安価な労働力の国で生産可能
フル製品も独自で諸外国で生産可能

一気に価格競争

ユーザーも安くて良いジャンと認識

国内生産、国内ブランド力崩壊

と薄型TVと同じ道をまっしぐら、ですね。
とにかく、育て方を間違いがちです。。
さて、どこで間違ったんでしょうか。

まあ、白物というのは
普及が進むにつれて奉仕してくれるマニアや金余り層の絶対比率が下がっていきます。
当然利益率も激減。
そこの変化に対応出来ない、のでしょうね。


まあ理屈はどうでも良くって。

やっぱり寂しいですね。

VAIOってやっぱり、私的にもステータスだったですから。

元祖505。
持って居るだけでステータスだった。
阪急の通勤に持って抱え、時間調整のローソンでスピッツのロビンソンを聴いた。
あの頃はメモリースティック、使っていましたねぇ。



R505。
初のアジア、タイでの出張仕事の相棒はコレでした。
結局重たっかけど、ドッキングステーションはサンダーバードのごとく格好良かった。



タイの事務所にて。
画像データによると2003年。もう11年も前。



象が踏んでも。。壊れちゃいます。。
すぐに辞めちゃって日産に転職されたH氏と。



あの頃はVFR乗ってましたねぇ。名機でした。



SRX。
大きさ、重さが絶妙でした。ぐりぐりダイアル、大好き。



TypeA。
在庫たたき売りを日本橋のソフマップで購入。
重かったけど大画面で、とにかくパワフル。出先のCADで活躍。



Type SZ。
大画面だけど比較的軽くて。
2kg越えだったけど、あの頃は元気で体力もありました。


TypeR。
強力デスクトップPCの見本でした。
HDDも増強し、アナログTV録画に大活躍。
著作権のみがモンスター化したいまのデジタル時代よりある意味ずっと幸せでした。



RX。
量産型ガンダムのジムのようなVAIO。
やがて嫁用に嫁ぐ。



TypeL。
嫁専用機。
スタイリッシュでした。




TypeX Living。
元祖ビデオサーバー。
使えない日がくるなんて。
故障も多かったけど。どうしたんだ、へぃへぃべいべ〜、お前に乗れないなんて。




TP1。
現役ですが、主にリビングの装飾係(笑)
ボール(byガンダム)と呼んで下さい。





思えば、私も結構なVAIOヘビーユーザーでした。
合掌。
くろムル | PC携帯など | 07:14 | comments(0) | trackbacks(0) |

Lenovo miix2 8を強化する その1

”アトム”が100万馬力、ではないけど
やっと1人前になった
と云うのは感慨深いですねぇ〜

昨日、ヨドバシ梅田を覗いたら、すでにmiix2 8は入荷未定。。
電話予約しておいて良かった〜

まぁ買ったその日から世界が変わる
的なアイテムでは御座りませんが

損はしない
そんな感じです。

以外にも重宝するのはスピーカーとして。
出張にBluetoothスピーカー、音が良いのは判っていても重くて連れ出したことは無し。
つか、ホテルや電車でマトモに良い音聞ける訳も無し。

ところがiPhoneの音が余りに酷いので。
ラジオ的にBGM聞き流せる350gのBluetoothスピーカーとして役立っています。

pup09.jpg

pup08.jpg

ホテルルーター使えば、書類書き時のホテルBGMにも最適。

pup10.jpg

ノーパソ無しでノーパソ互換環境有りを創り出すのがWinタブレットの醍醐味なので。
周辺機器を増強。

pup01.jpg

マウスは電池の厚みと操作性の制限があるから、どうしても思い切って小さくはならんです。
薄さならロジクールのヤツなんですけど。
充電式ってズボラには面倒なんですよね。
電池切れの時に直ぐに使えないし。
で、現時点の最良がなんかくやしいけどマイクロソフトのヤツ。

電池の蓋が、ハルナの様に「シャキーーーーン!」と開いて格好良いですっ
こういうギミックに弱いので(笑)

pup02.jpg

箱デザインが、Appleに対抗するかのように凝ってる。。
無駄無駄身無駄・・・・!

pup03.jpg

クリック感もちゃんとあるし。
Surface用とされていることもあって、表面がタッチパッドの様なスクロール機能もあって、かなりタブレットの相性良し。

大きさは割り切っているので、操作性は見た成り。
でも親指−薬指で自然に夾め、そんなに悪く無いです。
まぁ、真剣にやるためのシステムでもないし。
ショルダーの内ポケットに出っ張らずに入ると言うことでは満点。

pup04.jpg

ブルーレーザーが強力!
タカオ・カラーです。

pup05.jpg

大きさ比較すると、やっぱりチ・イ・サ・イ。

pup07.jpg

接続も簡単。電源とペアリングのボタンが兼用。長押しすれば認識。

pup06.jpg

 
くろムル | PC携帯など | 08:37 | comments(0) | trackbacks(0) |

PC販売低迷

そうですよねぇ。
Windows8パソコン、買おうと思わないですもんね。

もともと、パソコンって汎用のシステムを目指していました。
古くはテキストだけの表示から、GUIが採用され、自在にグラフィックを扱えるようになりました。
この頃ですね、PCがやがて何でも出来る様になるんだなぁと幻想を抱いていたのは。

実際は、その後PCは主にビジネスマシン、ゲームマシン、インターネットマシンと用途が分化し。
ゲームマシンは専用機に一部とって代わられつつ有り。
(その専用機はスマホに取って代わられつつ有り)

そしてインターネットマシンは、よりパーソナルに寄り添った、スマホやタブレットに取って代わられつつ有り。

マイクロソフトは「そうはいくか」と市場の保持を狙って、Windowsを既存のGUIに、スマホのタイルUIを加えました。

これで何でも来い!って意気込みなんでしょうけど。
実際、仕事メインで「8」が進化したかというと。
全然そうではないでしょう。

やっぱりこれからはパーソナルコンピュータ、の意味を変えていかねばならいのでは、と感じています。

くろムル | PC携帯など | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) |

ポータブルドライブもSSD化

PCは可搬性を最優先したので、ドライブ容量が不足気味。
旅先では、過去仕事データとかデジカメ写真のSD空き容量を稼ぐ為に、ポータブルHDDを使っていました。

しかし、突然昇天。
ドライブ自体は認識するものの、パーテーションが未フォーマットと表示されファイルが認識出来ません。おまけにフォーマットしようとするとエラーが発生。
死んだも同然。

落とした訳でもなく、フツーに使っていて壊れられるとヘコみます。

大事なデータはすでにバックアップしていたものの。
仕事なら致命傷に成りかねません。

まぁHDD自体が超精密品ですから。
こう云うリスクから逃れられませんね。

↓こういった記事を読むと、普通にHDDを可搬出来ていることが不思議に思えてきます。。

米軍MIL規格準拠HDDは、どれくらいの衝撃で壊れるのか

HDD.jpg

ここはやっぱり、SSD化。
Intelの335が安くなっていましたし。

SSD01.jpg

あまり速さ命ではないですからね。

SSD02.jpg

玄蔵は最初、開け方が??でしたが。。
なるほど、シンプルな構造で良いですね。
しかし、最近はモジュール化して、ほとんどフツーの箱だけですね(笑)

SSD03.jpg

見栄えも良くて、納得。
ポイント使用して15,000円ぐらい。
容量当たりの単価は、まだまだHDDに較べて高いですね。

SDカードと比較すると容量当たり単価は相当頑張ってはいるのですけど。



早く、500MBや1TBクラスが手軽に買えるようになって貰いたいものです。

SSD04.jpg
くろムル | PC携帯など | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/8PAGES | >> |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ソニー α900 完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK) (インプレスムック DCM MOOK)
ソニー α900 完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK) (インプレスムック DCM MOOK) (JUGEMレビュー »)
土屋 勝義,高橋 良輔,小山 壮二,太田 圭一,鹿野 貴司,吉田 浩章,ほか
取説ってめんどいよね。読まないよね(^^)
ただ、使いたい機能はあるはず。必要と感じたものから探せるから見易い解説本。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH