JAGUAR E-PACE 登場

いよいよ、発表になりましたね。

良い意味で、思ったのと違う仕上がりでしたね。

 

F-PACEよりずっと軽快で

ハッチバックっぽいSUVとなってます。

 

2018-jaguar-e-pace-01.jpg

 

リアハッチのウィンドウもかなり寝ていて、スタイリッシュなスタイル優先のデザインとなっており

全長もディスカバリースポーツ(4459mm)よりも短く(4345mm、ホイールベースは2681mmを確保)、

Cセグのハッチバック程度の全長のため、室内空間もそれなりのサイズとなっといそうですが、

その分、街乗りには優しいサイズという気がします。

 

2018-jaguar-e-pace-04.jpg

 

インテリアデザインも、XE/XF/F-PACEと基本は踏襲しつつ

助手席側から伸びた、グリップ的なデザインをしたバーがF-TYPEに似たアグレッシヴなデザインとなっており

好感が持てます。

 

XE/XF/F-PACEは、インジニウムエンジンの搭載、アルミボディの採用(E-PACEはディスカバリーベースのD8プラットフォームを共用するのでスチールボディ)、凝ったサスペンションと

なかなかに見所があるのですけど

インテリアに関してはあっさりと保守的すぎて

物足りないところがありましたが

そこは、いい意味でのチェンジがされていますね。

 

2018-jaguar-e-pace-07.jpg

 

2018-jaguar-e-pace-08.jpg

 

仕上げも、F-PACEの下の車種ということを

あまり意識させないぐらい、シンプルながらきちっと精密な仕上がりのような気がします。

でもまあ、ジャガーは写真が上手いですからね(笑)

 

2018-jaguar-e-pace-11.jpg

 

JEEPあたりがやっている、細部に凝った遊びをジャガーも取り入れてきましたね。

 

2018-jaguar-e-pace-12.jpg

 

2018-jaguar-e-pace-13.jpg

 

アプリ対応など、今時のトレンドは押さえている様です。

 

2018-jaguar-e-pace-14.jpg

 

ナビなど、センターコンソールの液晶表示は、ジャガー・ランドローバーは旧来のDVDプレーヤーベースと厳しかったですが

XF以降、2018モデルからは、本国と同じタイプの日本語化されたインフォシステムが搭載されています。

10 インチの大きさを持つディスプレイ画面はSpotify 統合インフォテインメント システムが標準搭載され

綺麗でよさげです。

 

2018-jaguar-e-pace-15.jpg

 

XE以降の新ラインナップは

新しいデザイン、省燃費の高トルククリーンディーゼルの搭載、ACCも標準搭載など

ライバルに比しても負けないウリが有り

購入候補として検討してきたものの

 

XEはタイトな室内、以外に選べない内装、素晴らしく洗練された乗り味故に刺激の無さが

XF/F-PACEは、もてあましがちな大柄サイズ、普段使いには、はばかられるかんじの値付けがネックで

購入までは至りませんでしたが

 

E-PACEはこれらのネックが解消されていそうで

価格さえXE程度に抑えてくれれば

次期候補として大いに有望です。

ライバルとして気になるのは、あとはXC40待ちですかね。

 

2018-jaguar-e-pace-27.jpg

 

メーターも今時の液晶表示で

パターンを切り替えられるようです。あちら仕様ではオプションらしいです。。

 

2018-jaguar-e-pace-44.jpg

 

20170713_jaguar_epace_vlad_savov8.jpg

 

シートも上質なものが用意されていそうですが

値段はどうでしょうね。

そもそも、日本モデルは選択肢が狭い気がします。

改善して欲しいところですが。

 

20170713_jaguar_epace_vlad_savov47.jpg

 

あちらモデルではHDMI入力が有るようです。

 

20170713_jaguar_epace_vlad_savov34.jpg

 

ラゲッジの広さは

サイズを考えるとあまり期待出来る程では無いかもしれませんが

Cセグハッチぐらいでしょうか。

 

20170713_jaguar_epace_vlad_savov19.jpg

 

白は結構地味ですね。真っ正面からはスイフト似。

 

20170713_jaguar_epace_vlad_savov3.jpg

 

ACCの搭載は当然標準となるでしょうが、他にも前方衝突警告、自動緊急ブレーキ、車線逸脱警報、車線維持システムも標準となるようです。カメラ 検知の居眠り運転監視と交通標識認識機能も含まれているようです。フロントとリアの駐車支援も標準。InControl インフォテインメント システムも、リモート機能(スマホアプリで車の状態をモニタできるなど)を含むアップデートが成されてる模様。

 

20170713_jaguar_epace_vlad_savov14.jpg

 

FFのなんちゃってSUVが増えるなか、E-PACEはAWD。

標準はガソリンが、ターボチャー ジャー付き 2.0 リッター 4 気筒247PSエンジンのようです。オプションとして、296PSエンジンが有り、1700kgのボディで0-60 mphを5.9 秒で加速するとのこと。

でも2Lインジニウムディーゼルで十分でしょう、日本では。

 

 

気になるのは、やっぱり国内販売価格でしょうね。

標準搭載てんこ盛りですっぴんの価格が高くないといいですけど。

日欧FT合意の関税撤廃も先のことですしね。

くろムル | CAR 一版 | 09:13 | comments(0) | trackbacks(0) |

FIAT50

ヨメ車(C3)の車検代車がチンクでした。

 

500-01.jpg

 

可愛い色ですよね。

マイチェンして、ちょっとだけ変わりました。

 

500-02.jpg

 

ツインエア+シングルクラッチA/Tは、癖がありますね。でも思ったより振動はありません。表示燃費は21km/L。

かなり良いです。

マニュアルモードにして積極的に変速すると、かなり変わって元気になります。

燃費は落ちそうですけど。

やっぱツインエアはM/Tが面白そうです。

くろムル | CAR 一版 | 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) |

次期主力 DS 4 CROSSBACK BlueHDi

今期からは予算も厳しく、色々迷って

DS4クロスバックのディーゼルを選択しました。

 

DS4-03.jpg

 

試乗車落ちで、ナビ付き込み込み300万円未満でした。300万だとプリウスの新車も買えませんから、まあいいかなぁと。

 

試乗して購入を決めたのですけど、試乗路が短く、かつ試乗路の路面状態が素晴らしく良かったので

登録して乗ってみると「あれ?」「こんなだっけ?」

久々のハズしでしたかね。。

 

DS4-04.jpg

 

でも、まあ、後ろ姿はなかなか格好いいです。

 

DS4-02.jpg

 

燃費は高速で18km/L、下道でもあまり落ちず16km/Lぐらいはいきます。

軽油なので徳島なら90+α円/Lぐらいですし。

無給油で1,000kmいきます。大阪〜徳島2往復楽勝です。

なんか不思議な感覚ですが、給油の手間がh減って楽ですね。

 

ちょっと足回りいじってますが、どうなりますか。。

 

くろムル | CAR 一版 | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/1398PAGES | >> |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ソニー α900 完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK) (インプレスムック DCM MOOK)
ソニー α900 完全ガイド (インプレスムック DCM MOOK) (インプレスムック DCM MOOK) (JUGEMレビュー »)
土屋 勝義,高橋 良輔,小山 壮二,太田 圭一,鹿野 貴司,吉田 浩章,ほか
取説ってめんどいよね。読まないよね(^^)
ただ、使いたい機能はあるはず。必要と感じたものから探せるから見易い解説本。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH