Muru's Log

くろムルの写真・アイテムに関することや、たわごとなどを徒然に・・
<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

α99とα99

α7R兇頬足し、そのシステムの軽量さから、AマウントからEマウントへ常用移行を意識させられていますが。

これまでα100から主力を張ってきたAマウントには強い愛着があります。

 

オリンパスのフォーサーズマウントのように

「続ける、続ける」とメーカーがアナウンスしていたにもかかわらず

マイクロフォーサーズに移行し、事実上の終了を迎えてしまったように

 

Aマウントも終了するのでは、の噂は絶えませんが

α99兇予定通り2年サイクルで開発され発表されたことは正直嬉しかったです。

 

どれくらい使うか、という話とは別に、以上の経緯でα99兇発売されれば購入するつもりです。

そこで(ミラーレスでも無く一眼レフでも無い亜流製品ですが)、新旧比較をしてみましょう。

 

一言でいえば、

α99兇魯椒妊K楝里魎泙瓩真卦開発の新型機で

Eマウントの最上位機種に投入された技術を応用し

かつ、トランスルーセントミラー機としてその特徴を生かすべく

Eマウント機では二の次とされた連写性能を重視し、旧型のα99と比べても大きく改善してきた機種ということになります。

 

また、ボディを旧型から流用せず

一眼レフ機との差別化を図るため、α99からAPSーCサイズ機であるα77競椒妊J造房禊海両型化を図ってきたのも素晴らしいです。

 

もともとレンズが大きく重いのがAマウントハイスペックレンズ群であるため、むやみにボディを小型化・軽量化しても恩恵は少ないのですけれど、「ミラーが稼働しペンタレンズがあるから重くてアタリマエ」の一眼レフに対して「ミラーはあるけど一眼レフじゃ無い」というソニーAマウント機の特徴をより引き上げていくのは大事なことです。

 

参考にしたのは、Webメディアサイト

 

・デジカメinfo

  http://digicame-info.com/2016/09/599-ii.html

・CAMEOTA

  http://cameota.com/sony/15789.html

 

メーカーHP

・SONY US

  http://www.sony.com/electronics/interchangeable-lens-cameras/ilca-99m2

・SONY ACCESARY CHART

  http://www.sony.net/Products/diacc/systemchart/en-gb/index.html?area=JP#ilc

 

動画も見ていて楽しいですね。

・YOUTUBE

 

α99凝仂豼阿傍されたとは思えない、深い考察にうなる記事。

 

「もしかしたら国産最高のデジタル一眼カメラになるかもしれない SONY α99 IIの仕様を大胆予測」

 

 

(ただいま、編集中。。)

デジカメ 銀塩カメラ 一般 | comments(0) | trackbacks(0)

デジカメも終わったと思っていました

工業製品というのは、聡明期があって、成熟して、汎用品化して価格競争に揉まれ、白物化する、という法則がありまして。

たとえばパソコン。たとえばプラズマ・液晶化したテレビ。ケータイからスマホ。

 

フィルムを使用したカメラも成熟化した工業製品となって、市場規模を落としていきましたが。

撮像素子を使用したデジタルカメラが量産されるようになって復活。

旧くはカシオのQV10からお付き合いしてきまして

そろそろ「もうこれ以上は十二分」と感じする製品が揃うに至り

ああ、そろそろ終わりだなぁと。

そんな感じでいました。去年あたりですかね。

 

無論、製品としてデジカメが終了、ではなく、より成熟していくのですけど

個人的な趣味としての「発展・聡明」に付き沿う、という当初の目標は成就された、かに思えました。

市場動向やマーケット規模もそんな感じを反映して推移しているようです。

 

けど、ことしのフォトキナを通して

「まだまだ、メーカーとしては追求の目標を失ってはいない」んだなー、とつくづく感じました。

 

「まだまだ、欲しくなるような製品が現れるな」、と。

 

SONY α99然り。

OLYMPUS OM-D E-M5Mark響海蝓

そして、全く新しい中判サイズの素子とGマウントの開発、GFレンズ群を基軸とした中判ミラーレス機、

そしてその第一弾のFUJIFILM GFX 50Sです。

 

ブラッシュアップと

技術の蓄積の上に成り立つ新ジャンルの創出。

 

まだまだすてたもんじゃないと再認識。

お財布も頑張って、お布施する必要がありそうですね。

 

 

デジカメ 銀塩カメラ 一般 | comments(0) | trackbacks(0)

君の名は。 その4

ネタバレ注意。

 

 

 

 

最後のシーン。

テッシー&早耶ちんは、互いに付き合っていて。

2人で東京に住まいを借りようとします。

 

はてさて。

勅使河原建設社長の後継ぎである、テッシーは。

再選を目指す三葉の町長親父とタッグを組み、糸守町「一(いち)」の建設会社となった会社に入社して

糸守町で人生を過ごす覚悟が出来ていたはず。

 

だから、バス停を「カフェ」と呼び、まさにオープンカフェに改造し

よりよき住みやすい糸守町に改造していくのだったのでは。

 

 

しかし、おそらく落下した隕石で、

勅使河原建設はそのハードウェアや資産もろとも、吹き飛ばされてしまったのでしょうね。

もはや建設会社でメシは食えない。

≒糸守町での就職も危うい。生き残ったけれど。

 

こうして、片割れ時の出来事は、テッシー&早耶ちんの居住を復活すると共に

田舎に縛られない生活も手に入れた、という事なんでしょうね。

 

もはや、三葉も瀧も、テッシーも早耶ちんも住んでいないい、生き残った糸守町。

その糸守町の暮らしは、その頃、どうなっていたんでしょうね。

 

相も変わらない糸守町が、ただそこに蘇っただけなのかもしれません。

 

Check
戯言 | comments(0) | trackbacks(0)